理学療法士・作業療法士・柔道整復師・マッサージ師・鍼灸師の本格リハビリテーション

体幹・インナーユニットの重要性について勉強しました。

2008年11月22日 駒込店
講師 理学療法士・マッサージ師 内山先生
プログラム 四肢のリハビリを行う際でも、中枢部(体幹)の固定性・コントロールが得られなければ、充分な潜在能力を引き出せない。手足や胴体を動かすときは、インターユニット(腹横筋・多裂筋・横隔膜・骨盤底筋群)が真っ先に働き、体を安定させる役割を
持つ、理想は中(深層筋)を硬く、外(表層筋)をやわらかくした方が良い。
疾患別のインターユニットの状況、身体機能の特徴を、運動学を絡め確認し、疾患別の治療法を学びました。
また、患者様への指導方法として転倒予防のトレーニング・尿失禁トレーニング・を確認しました。
体幹・インナーユニットの重要性

PAGE TOP